メニュー作成アプリのメニューエクスプレスはスマートフォンひとつで簡単にA4メニューが作成できます。今までに多くの飲食店様にご利用頂けていますが、作成してみたものの印刷の仕方が分からない??というユーザー様からのお声を多く頂いたため、今回の記事では3つの印刷方法をご紹介します。

 

この記事はこんな方におすすめです!

  • メニューは作成できても印刷の仕方が分からない。
  • 印刷方法は知っているがとにかく面倒。
  • 店舗に印刷機器がないため今まで諦めていた。

 

印刷の壁に阻まれて活用しきれていなかった既存ユーザー様とこれから使用を考えている新規ユーザー様にも必見の印刷方法を早速ご案内していきます。

 

今出したいメニューを今すぐ印刷!

プリンターまずは家庭用プリンタをご利用の場合をご紹介します。その日に売りたい食材を使った料理を即メニュー化したり新メニューを今すぐ試験的に提供したい時などプリンタを設置するメリットはその即時性です。Wifi接続のプリンタをお持ちであれば簡単に印刷が可能です。

店舗や事務所にWifi環境が無い場合もWifiダイレクトという機能によってアクセスポイントを利用すること無くスマホとプリンタだけで印刷することが出来ます。ここ数年でリリースされた製品であれば1万円前後のエントリーモデルからWifiダイレクト対応の機種がプリンタ主要3社から販売されています。

 

24時間いつでも印刷!

コンビニ印刷次にコンビニ印刷を利用する場合をご紹介します。コンビニ印刷のメリットは何といっても24時間いつでもどこからでも手軽に利用できることにあります。印刷される頻度、インク代のランニングコストやメンテナンスの手間などと比較した場合にメリットがあるユーザー様も多いかと思います。

セブンイレブンで利用できる「ネットプリント」。ファミリーマート、ローソンで利用できる「ネットワークプリント」が代表的ですが、どちらも専用アプリをインストールして会員登録が必要となります。予め印刷するデータをアップロードしておくことなど、登録や操作については双方とも似ていますがここでは大まかな違いについて解説します。

「ネットプリント」は普通紙最大A3まで、フォト用紙はLサイズのみ。「ネットワークプリント」は普通紙最大A3とA4光沢紙が使えることが大きな違いです。普通紙カラープリントの場合、双方ともに60円となり「ネットワークプリント」のA4光沢紙は120円で印刷可能です。

普通紙への印刷のみであればどちらも差はありませんが光沢紙が使えることと、拡大画像をA4で分割して印刷出来るポスタープリントや縮小版をA4サイズ内に複数印刷可能な並べてプリント機能など「ネットワークプリント」はカスタマイズ印刷機能が豊富です。

 

パウチメニューを店舗にお届け!

パウチ印刷最後にアプリ内から発注するだけで手元に届く弊社の印刷パウチサービスについてです。最大の特徴はグロス、マットのパウチのご注文です。月替りや週ごとの作成で長期間のメニュー掲示であれば耐久性も必要になりますがパウチ加工すれば安心です。

アプリから専用フォームに必要事項を入力するだけの簡単発注で、お支払いもアプリ内課金となっており簡単です。コスト面やメンテナンスの面でプリンタ導入したくないスタッフも足りずわざわざコンビニに印刷しに行ってられないなどメニュー印刷の手間や煩わしさを簡単、手軽なアプリ操作だけでお手元にメニューをお届けするサービスです。普通紙印刷のみ1枚120円、印刷+グロスパウチ加工1枚240円送料込みでご利用いただけます。

 

今後もメニューエクスプレスをもっと活用していただけるようご案内をしていきますのでよろしくお願い致します!

 

 

 

今すぐMenu Expressをダウンロードする▽▽▽

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事