『メニューデザインから飲食店のご繁盛に貢献する!』を使命とするメニューデザイン研究所ですが、同じ志を持ちながらもメンバーが担う役割は異なります。私たちのことをもっと知って欲しいと感じたことからこんな企画を思いつきました。

 

メンバーの1日に密着、です!

 

第1回目はご繁盛プランナーの任田 悠作(とうだ ゆうさく)24歳です。若手ともてはやされていた時代はもう過去のこと。見た目は超ベテラン級の域に達していますが、営業としての働きぶりに密着してみました。Menuに携わる者のご繁盛日記、どうぞ最後までご覧ください。

 

 

任田君のタイムスケジュール

8:45 みんな~ 掃除の時間が始まるよー!
10:30 初稿デザインと初対面
12:00 お楽しみのランチタイムです
15:00 お客様との打合せ
18:00 オープンに立ち会える幸せ

 

 

8:45、掃除の時間が始まるよー!

挨拶する任田くん

8時40分に出社する任田くんには出勤早々お勤めがあります。45分から始まる掃除の時間では任田くん自らがリーダーとして社内の美観に務めています。

 

 

『みんな~掃除の時間が始まるよー!!』

挨拶する任田くん

『掃除はダラダラしちゃ駄目。チャンスと同じでほこりも逃げちゃうから。』

『社内の乱れは心の乱れ。』

『飯島さん、そこ、ほこり逃げてるから!!!』

 

こうしてご繁盛プランナー任田くんの1日がスタートします。

 

 

10:30、初稿デザインと初対面

社内の任田くん

『初稿デザインと対面する時はいつもドキドキするんです。』

そう話すのは、この若さで2児を授かる悠作くんです。そう悠作くんはこう見えてパパなんです!この時、悠作パパは対面する初稿デザインに我が子のことを重ね合わせていました。初めて親心に近い感情がどうやらこのメニューデザインにはこもっているようなのです。

 

リーダーとのデザインチェック

社内の任田くん

お客さんの想い、デザイナーの想いも一心に受けて生まれたメニューデザインですが、想いだけでは成り立たないのもメニューデザインです。クライアントの課題を解決できるものなのか?リーダーとも共有しチェックを行います。注)決して怒られている訳ではありません。

このときばかりは陽気な悠作くんも引き締まった表情に変化。

 

 

12:00、お楽しみのランチタイム

お昼を喜ぶ任田くん

『みんなーご飯だよー!』

 

お楽しみのランチタイムを前に陽気な悠作くんが戻ってきました。正午を知らせるチャイムの15分前から、なんともざわつく悠作くんですが、今度はせわしなくスマートフォンをいじっています。

クライアントマップ

これはメニューデザイン研究所の7つ道具の一つである、”クライアントマップ” です。私たちが作成したメニューブックの納品店舗が即座に分かるマップのため、自分が手がけたお店はもちろんのこと他のメンバーのお客様のお店も知ることができます。メニューブックで飲食店のご繁盛にどれだけ貢献できているか?を可視化した最新マップなのです!

 

『よーーーし、今日はここに決めた!』

 

 

15:00、お客さんとの打合せ

商談へ向かう任田くん

腹ごしらえもすみこれからお客さんの所に向かいます。仲間からの想いが詰まった提案書を持ってママチャリを走らせます。

商談中の任田君

そのまま見せたのでは、意図も値打ちもありません。元々、難しい言葉での説明が苦手なので、そんな時はリレーのバトントスをイメージすると上手くいきます。リレー選手ではありませんが学生の時に打ち込んだ陸上競技がここで活きます。

ちなみに、高校の時にクラスメイトだったダイナマイト・シンゴこと、石川 慎吾選手は読売巨人軍でレギュラーとして活躍されています。これ程までに励みになる同級生はいません。ご繁盛プランナーのダイナマイトとして早く爆発したいです。(ボーン!!!)

 

 

18:00、オープンに立ち会える幸せ

店頭での任田くん

すっかりと日も暮れ夜の帳(とばり)に誘われてやってきたのはオープンされたばかりのお店、レッドファンさんです。こちらのお店は縁あってメニューブックと店頭看板の作成をさせて頂きました。無事にオープンを迎えられ、立ち会えることはとても幸せなことです。

店頭での任田くん

取材店舗:レッドファン 

 

お客さんと共に作り上げたメニューブックを沢山の方に手にとってもらえるシーンを見ると、手塩にかけて育てた愛娘を送り出す父親の心境であります。

メニューを紹介する任田くん

親バカでごめんね。メニューバカですみません。でもそんなシーンをお客様と迎えられることにプランナーとしての幸せを大いに感じます。そして美味しい料理に舌鼓が鳴ります!!

 

 

任田君の熱烈おすすめメニュー

メニューを紹介する任田くん

 

ホルモンスンドゥブ 880円

おすすめのスンドゥブ

 

チーズチジミ 560円

おすすめのチーズチジミ

 

上ミノキムチポンズ 720円

おすすめの上ミノキムチ

 

熱々をハフっと!

任田君の今食べてるでしょうが

採算合うの!?と思わずこちらが心配になる程に圧倒的なコスパに悠作感激です!!もちろんお味の方もご安心ください。グルメで大食漢な悠作が保証します!!

店長と次回に向けて話す任田くん

赤田オーナー
メニューのできばえにはとても満足しています。こうしてオープン間もないタイミングにきてもらえるのも嬉しいですし、率直な感想をその場で言ってくれたことにもありがたかったです。具体的にはスンドゥブの辛さ表記をデザインする等、次回の夏メニューに向けて新たな提案をもらえました。次回も期待しています!

 

 

 

最後に

帰り際の任田くん

1日中メニューのことばっかり考えている私ですが、メニューの先にあるクライアント、そして実際にメニューを見て注文されるお客様のことを思い浮かべて仕事をするのがご繁盛プランナーなのだと改めて感じました。これを機にまだ見ぬ飲食店様と出会えたらなんて思っています。その時は何卒、任田 悠作をご指名頂きます様よろしくお願いいたします。

 

帰り際の任田くん

またお会いしましょう!

 

 

<番外編>任田悠作の終われない1日

弾みで寄ったお鮨屋さん。覗き込むスマホ。愛娘の写真かと思いきや、

 

任田君のスピンオフ

カワハギかい、肝醤油付きで150円かい。

にしても安っすーーー

任田君のスピンオフ2

カワハギ見るのもそこそこに、はよ帰りやー

 

 

 

END.

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか?
0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事